STAFF BLOG

梅雨・初夏の「むくみ」

今日は梅雨の時期の「むくみ」についてお話しますね☆

◎東洋医学からみる梅雨

東洋医学では湿気による体の不調を「湿邪」によるものだと考えられています。

日本は元々湿気が多いため、「湿邪」の影響で体調を崩す人が多いのです。

「湿邪」は消化吸収や水分代謝、血液の流れ、肌・筋肉などに影響を及ぼします。

 

からだのだるさ 頭痛 肩こり 胃もたれ にきび むくみ も「湿邪」による症状です。

 

 

◎なぜ梅雨はむくみやすいのか

そもそもむくみの原因は余分な水分や老廃物が体内に溜まること。

梅雨は湿度が高くなることによって皮膚表面から汗が蒸発しにくくなり、水分排出がうまくできずに体内に留まりやすくなります。

また寒暖差が激しく、気圧の変化も大きいために自律神経が乱れ、血液の流れや水分代謝が悪くなりがち。

その結果、通常よりも「むくみ」を感じやすいのです。

 

◎美容鍼だけでなく、ツボ押しやリンパマッサージでセルフケア

 

 

お肌の摩擦で肌に負担をかけないように、

クリームやオイルを使います。

お顔だけでなく、首や鎖骨も忘れずにマッサージしましょう。

朝・夜のスキンケアの後に1~2分でできますよ!

 

 

 

◎冷たい食べ物・飲み物に注意

気温が高くなると、ついつい冷たいものが飲みたくなりますが、

お顔や体のためには常温の飲み物がおすすめです☆

また身体を冷やすと言われている、

アイスクリームやきゅうり・トマトなどの野菜も気を付けましょう。

バランスの良い食生活を意識することもお肌や身体にとっては重要です。

また、運動や入浴などでしっかり汗をかきましょう。

意識的にトイレの回数を増やすことも大事です!

 

ほかにも室内の湿度調整やクーラーによる下半身の冷えなどを気を付けることにより、

体内の老廃物を排出すれば、むくみも取れて、お肌の調子も上がります!

この時期特有の不調とうまく付き合って、元気に美しく梅雨を乗り切りましょう!!

 

ソアン上前津治療院 美容鍼灸師 木村みさき